港区・品川区の不動産・マンションはタマホーム不動産 > ブログ記事一覧 >2018年8~10月人気記事ランキング(タマホーム不動産)

2018年8~10月人気記事ランキング(タマホーム不動産)

テーマ:ライター記事


 都心でのマンション市場の活況がつづくなか、9月には「伊勢湾台風並み」といわれる台風24号が日本列島を縦断し、続く10月には、いわゆる「かぼちゃの馬車」の運営破綻に端を発したスルガ銀行への行政処分や、大手ハウスメーカーを巻き込んだ地面師グループの逮捕等、不動産業界の周辺では大きな教訓を残すような事件が相次ぎました。

 そんな2018年8月から10月までの、当社HPへのアクセス数(PV数)が多かったブログ記事について、ランキング形式でご紹介したいと思います。

(ランキング集計方法)
・集計期間:2018年8月1日から2018年10月31日まで
・抽出方法:当社HPに掲載中のブログ記事から、上記期間中のPV(ページビュー)数について多い順に上位5件を抽出。




本年5月下旬から全4回に渡って掲載した特集記事です。硬派な内容であるに関わらず多くの方に読んでいただけたのは、ここ数年じりじり上がり続けてきた都心のマンション価格について、そろそろ売る側も買う側も、取引相場に違和感を抱かれている方が、相当な割合に及んでいるのではないかと推察します。
 株式相場には、「強気相場は、悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」という格言があります。2010年前後に起きた、リーマンショック、東日本大震災と続いたアクシデントの直後において、いまの「3割高」と言われる現在の都心マンション相場が形成されると予想し、かつ投資できた人は殆どいなかったのではないかと思います。
 いまの都心マンションの相場観は果たして、「懐疑」なのか、それとももう「成熟」なのか? 当該記事では、こうした疑念に論理的な検証を試みています。




□昨年12月の公開以来、大変多くの方に支持頂いている記事です。(ありがとうございます!)
 JR五反田駅から国道1号線(桜田通り)沿いに南へ下ったところにある五反田TOC。首都高裏手の高台になったエリアからも、そのひと際大きな建物は目を引きます。
 雑居ビルと呼ぶにはあまりに大きく、商業ビルと呼ぶには建物内はデパート(?)の様相。このビルが「東京卸売センター(Tokyo Oroshiuri Centre=TOC)」と呼ばれる所以については、皆さんの目でお確かめください。
(※本記事については本年中に情報更新を予定しております。楽しみにお待ちください!)




いよいよ本格的に、その姿を現してきた品川駅周辺再開発事業
 JR山手線「田町」駅と「品川」駅の間にできる新駅を巡って一時ネットで議論が沸騰しましたが、今回の再開発事業はそれだけに留まりません。
 なんと、品川駅の高輪口方面については、現在、高輪口の真正面を走っている第一京浜の直上に人工地盤が敷かれ、現在のJR品川駅2階デッキからそのまま高輪台方面へ向かえる、立体交差都市に生まれ変わります。
 しかも、人工地盤で新たに形成される高輪口駅前広場には、国家プロジェクトとして推進されている自動運転モビリティの専用乗降場が設けられる予定と、まさに未来都市の萌芽となる計画が着々と進められています。




□都心のマンション高騰を受け、俄かに注目を集めつつあるのが、今後の新線敷設等で新宿駅・品川駅とった都心ターミナル駅までの利便性が格段に上がると期待されるエリアです。
 なかでも神奈川県東部においては、平成39年にはJR横浜線「橋本」駅にリニア中央新幹線の新駅設置計画があるほか、現在、相模鉄道により進められている「都心直通プロジェクト」が完遂された暁には、従来、横浜のベッドタウンであった海老名・湘南台といったエリアが、「二俣川」駅を基点に新宿・目黒まで結節されることになります。
 さて、坂が多いと言われる港町・横浜に位置する二俣川とは、一体どんな街なのか? この記事では実際にライターが現地に赴き駅周辺についてレポートしています。




□じわりじわりと順位を上げ始めた「品川土産」に関する取材記事です。しかも、この記事でご紹介するのは品川駅では買えない品川名物たちです。旅行や出張の帰りに、手軽に駅構内で買える地場土産は確かに便利、”エキナカ”という言葉がすっかり認知された今となっては、むしろお土産品は、最終出発地のエキナカで買うのが常識なのかも知れません。
 しかしながら、この15年間で交通ターミナルとしての品川駅が目を見張る進歩を遂げる一方で、品川という土地は、日本最大の商店街(戸越銀座商店街)といったいわゆる、都会イメージとは異なる住みやすさも併存する街です。この記事では、こうしたエキナカには存在しない品川土産の裏メニューというべき本当の(?)品川名物に迫っています。


文・構成/TN(HN)
≪ 前へ|「旧耐震」の資産価値~耐震基準は何を守るのか?   記事一覧   駆け込み購入は本当に2%分お得なのか? 消費増税に備える。|次へ ≫

トップへ戻る