港区・品川区の不動産・マンションはタマホーム不動産>ブログ記事一覧>2018年2~4月人気記事ランキング(タマホーム不動産)

2018年2~4月人気記事ランキング(タマホーム不動産)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テーマ:


 2018年4月から改正宅建業法が施行され、わたしたち不動産事業者は、中古住宅を売買仲介する際、契約者の皆さんにインスペクション(建物検査)の斡旋要否を確認することが義務付けられました。
 タマホーム不動産でもこうした動きを見越し、昨年9月より売主のお客様にインスペクションからその後の瑕疵保証までを付帯する「タマホーム安心サービス」の提供を開始しております。

 そんな2018年2月から4月までの、当社HPへのアクセス数(PV数)が多かったブログ記事について、ランキング形式でご紹介したいと思います!

(ランキング集計方法)
・集計期間:2018年2月1日から2018年4月30日まで
・抽出方法:当社HPに掲載中のブログ記事から、上記期間中のPV(ページビュー)数について多い順に上位5件を抽出。




□当社ブログの人気記事。品川区西五反田にある、お買い物上級者のためのラビリンス「五反田TOC(Tokyo Oroshiuri Centre)」の取材記事が、前回(2017年11月~2018年1月)に続いての二冠達成。(ありがとうございます!)
これからも、「品川区・港区に強いタマホーム不動産」を目指し、地域密着の記事を増やしていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします!




前回第4位の記事「横浜市民は、なぜ相鉄線「二俣川」を選ぶのか?」が2ランク上げて堂々2位に浮上。横浜港から西へ、横浜市を東西に横断する相鉄線の「二俣川駅」(旭区)周辺の紹介記事ですが、横浜港から少し内陸に入った旭区でも、港町特有の「坂」は多い地域なのでしょうか? そして、二俣川駅が持つ、将来に向けたポテンシャルとは何なのでしょうか?




□第3位は、買い上がる首都圏の中古マンション市場について、筆者なりの見解を示した「首都圏の不動産バブルは本当なのか?」。検索流入からじわりじわりとアクセス数を伸ばしてきた本記事ですが、現在の中古マンション相場に対する皆さんの関心の高さをうかがい知ることができました。




□第4位に入ったのは「家相、風水、陰陽師~家にまつわる鬼門の科学」。お正月向けに書いた、日本の習俗「家相」に関する記事です。皆さんも一度は耳にされたことはあるであろう家相ですが、皆さんはどの程度信じていらっしゃいますか? 当たるも八卦、当たらぬも八卦と思いきや、意外に日本の歴史に深く根ざしている「家相」。果たして本当にすべてが迷信なのでしょうか?




□意外な(?)検討を見せ5位にランクインしたのが、当社社員の宅建士合格経験談を元にした「宅建士試験 1点の壁を超えて2年めリベンジ!」でした。今年の宅建試験は、7月2日(火)から受験申込みが受付けられるようです。宅建試験は、勉強のできる人が受かるのではなく、勉強の続けられる人が受かると言います。昨年まで皆さんと同じ受験者側の立場だった身として、すべての受験者の皆さんの努力が報われるよう、切に願っております。


文・構成/TN(HN)
≪ 前へ|現地取材≫消えた梵鐘を探せ! 品川寺/青物横丁とスイスを結ぶ物語(上)   記事一覧   現地取材≫消えた梵鐘を探せ! 品川寺/青物横丁とスイスを結ぶ物語(下)|次へ ≫

トップへ戻る