港区・品川区の不動産・マンションはタマホーム不動産>ブログ記事一覧>絵本「ヤドカシ不動産」を知っていますか?

絵本「ヤドカシ不動産」を知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テーマ:ライター記事

 最新のUR都市機構の調査(※1)によると、不動産会社の店員として理想の有名人は「マツコ・デラックスさん」と「新垣結衣さん」だそうです。

 さて、皆さんは、そんな理想の不動産屋さんが、動物や昆虫たちの世界にも存在することをご存知でしょうか?


■世界に一つだけ? 不動産屋が主人公の異色の絵本。


 絵本によく登場する職業というと、何が思い浮かぶでしょうか?

 動物のパン屋さん? かわいいコックさん? それとも、犬のお巡りさん?

 ある研究レポート(※2)によると、絵本にもっとも多く登場する職業は、「運転手」さんだそうです。

 そんな、身近で親しみのわく職業が多いなかで、わたしはついに先日、主人公が「不動産屋さん」の絵本を発見してしまいました!(勿論、その場で衝動買いです。)

 その名も、「ヤドカシ不動産」


≪主人公は見てのとおり(?)ヤドカリです。≫



いらっしゃいませ!
どのような うちを おさがしですか?
 おまかせください、
こちらは ヤドカシふどうさん。
 おきゃくさまに ぴったりの うちを
みつけて、ごしょうかいいたしましょう!

(講談社BOOK倶楽部・ヤドカシ不動産内容紹介Pより)


 ムムッ!この不動産屋、できる!
 のっけから、玄人顔負けの営業トークです。

 そんなヤドカシ不動産を訪ねてくるのは、住むところに悩みを抱えた「ちょうちょおくさん」「ホタルのきょうだい」「いばりんぼのバッタ」「ひよこぼうや」と、こちらも多彩な顔触れ。

 そして、このヤドカシ不動産は、そんな来店者のどんな要望にも応えてくれる不動産屋さんです。


おまかせください、
こちらは ヤドカシふどうさん。


 この魔法のフレーズがヤドカシ不動産の口から飛び出せば、要望ピッタリの物件へ即ご案内。ちょうちょおくさんにはチューリップマンションを、ひよこぼうやには怪獣の形をしたぬいぐるみの家をと、次々紹介していきます。

 ヤドカシ不動産を訪れる様々ないきもの達から出される無理難題(?)に対して、ヤドカシ不動産がどんな物件を紹介するのか、そんなユーモラスな掛け合いを軸に、この絵本は進んでいきます。



■「自ら貸主」という、宅建試験のような衝撃のラスト。

 さて、お客様からの様々なリクエストに応えたヤドカシ不動産ですが、物語のラストは、衝撃の独白で終わります。

≪あなた、ヤドカリじゃなかったの…?!≫

 この続きをお知りになりたい方は、是非本冊をご確認いただければと思います。
(宅建業法だけでなく、まさか最後で借地借家法も使いこなすとは…やはりヤドカシ不動産は、できる不動産屋さんでした。)


※1 UR都市機構新生活、春の引っ越しシーズン本番!賃貸住宅居住者に聞く 引っ越しに関する調査」2018年2月22日

※2 坂西友秀・大澤広子「絵本に描写された『男らしさ・女らしさ』」埼玉大学紀要 教育学部(教育科学)第38巻第2号、1989年


□書籍情報
・穂高順也・文、石井聖岳・絵
・価格:1400円(税別)
・出版社:講談社
・推奨年齢:5、6歳くらいから


取材・文/TN(HN)
≪ 前へ|家と妖怪~心の安全地帯としての住まい   記事一覧   家を買い替える人たち~意外に多い「住み替え経験者」/上|次へ ≫

トップへ戻る